紙ヒコーキ倶楽部のブログページです

紙ヒコーキを楽しもう!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 北区にあるキッズプラザ大阪のボランティア仲間(正式な名称はインタープリター 注参照)で月に1回、紙ヒコーキを楽しんでいます。8日の午後に開いた月例会では15名が参加しました。
(注) インタープリター:“解説者・つなぐ人”  さりげなくこどもに近づき、こどもの疑問や質問、指摘に答え、一緒に遊ぶ。キッズプラザ大阪資料より
 今日作ったのは「リトルバード3兄弟」。吉田辰男先生のリトル・スパロー(紙飛行機を飛ばそう さ・え・ら書房)をアレンジして、コピー用紙、厚紙(ケント紙)、発泡スチロールペーパーの3つの素材で作り、飛ばし比べをしてみました。
 もともとコピー用紙で作ってかわいらしく飛ぶのを楽しんでいましたが、ケント紙で作れば本格的に飛ぶし、また、発泡スチロールペーパーではふんわり飛んで癒してくれます。
 リトルスパローは第2回世界紙飛行機競技会の曲技飛行部門で2位になった飛行機だそうで、簡単だけどよく飛び、しかも奥深いです。



100812003109s.jpeg

リトルバード3兄弟、右上がコピー用紙、真ん中がケント紙、左が発泡スチロールで作ったもの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。